お知らせ

インターンシップについて 大学生がインターンシップに参加するメリットと注意点など


"Jobs" on wooden block and magnifying glass on newspaper background

熱き情熱コーポレーションでも募集しているインターンシップ。塾講師になりたい方がたくさん参加しています。インターンシップとはどんなものなのか、参加するメリットと注意点についてご紹介します。
 

インターンシップとは?

Busineswoman smiling broadly while working in her office cubicle

◎インターン=見習いのこと
インターンシップとは、大学生などが一定期間、希望する会社で実際に働く職業体験のことをいいます。一種の職業訓練であり、いわば見習いのようなものです。期間は、1Day〜数週間の短期インターンシップから数ヶ月〜数年に及ぶ長期インターンシップまであります。長期のインターンシップの多くは有償で、きちんと報酬をもらうことができます。
 

◎会社や業界を知ることができるチャンス
インターンシップは、採用活動の一環として行われるものです。いざ就職活動をするとなったときに、マスコミ、IT、製造業などたくさんの業界のどれに自分が向いているのか迷うことはよくあります。そんなときインターンシップを使って仕事体験・職場体験することで、自分の適性を知ることができますし、希望する業界の実情や入りたい会社の社風などを自分の目で確かめることができます。
 

◎採用に有利になる場合も
企業の中には、インターンシップに参加したことを採用の際にプラス評価する企業もあります。大学1年生から参加できる企業もあるので、気になる仕事や会社があれば、インターンシップ制度を早めに調べておきましょう。
 
 

インターンシップではこんな仕事ができる

Adhesive note with Good Job text on a cork bulletin board

◎サポートからスキルアップまで多種多様な経験ができる
仕事の内容は業種や会社によってさまざまで、社員の仕事をサポートするものから、企画や営業に携われるもの、実践的なスキルを身につけられるものもあります。「こんな仕事がしてみたいけれど、自分にできるだろうか」という不安があれば、インターンシップで仕事をして試してみるとよいでしょう。どんな仕事を体験できるかは、各インターンシップの募集要綱に書いてあります。
 

◎インターンシップ生同士でチームを組むことも
インターンシップに参加している学生でチームを組み、一つのプロジェクトを行うこともあります。他大学の学生と交流しながら仕事をするのは、一般的なアルバイトではできない貴重な経験といえます。
 

◎塾のインターンシップの例
塾のインターンシップでは、まず授業に関するさまざまな業務を体験できます。授業の現場を見るだけでなく、授業改善や成績向上プログラムを考えたり、生徒がやる気を起こしてくれるようなイベントや企画を考えることもあります。また、一般的なアルバイトでは経験できない塾の運営に関わる業務も、インターンシップでは経験できます。教育カリキュラムの作成や、集客、広告などやる気があれば実践的な仕事をいろいろと任せもらえるので、やりがいを感じながら仕事に取り組みことができます。
 
 

インターンシップの注意点

Teacher asking her students a question

◎スケジューリングはしっかりと
インターンシップに参加する際には、学業との両立をきちんと考えることが大切です。インターンシップはあくまで就職活動の一環ですから、肝心の学業が疎かになり卒業できないとなれば、本末転倒になってしまいます。
 

◎目的意識を持ってのぞむ
インターンシップには目的意識を持って参加しましょう。短期でも長期でも、何のために参加するのかを明確にしないと、ムダな時間になってしまいます。
 
 

まとめ

インターンシップは、就職する前に自分の適性や業界のことを知ることができるよい機会です。気になる業種や企業があれば、ぜひ積極的に参加しましょう。インターンシップを活用すれば、きっと満足のいく就職が叶うはずです。