お知らせ

東セミ講師が本気で取り組むスキルアップ講習


東セミ講師が本気で取り組むスキルアップ講習「プレゼン研修編」

写真①

東セミ講師のプレゼン研修をご紹介!!

皆さんこんにちは、南大分教室の原です。

学習塾の先生の仕事というと、どういったことを想像しますか?

授業を行って、宿題や模試の丸付けをして・・・といったところでしょうか?

もちろん「学力を上げる」という面での仕事も多いですが

それ以上に「勉強に取り組む気持ち」を上げるための仕事・研修も多くあります。

 

今日ご紹介する「プレゼン研修」は

皆さんの「『勉強に取り組む気持ち』をいかにして高めるか」ということをテーマに

それぞれの先生が様々な切り口でプレゼンを行うものです。

「東セミ社員が本気で取り組むスキルアップ・プレゼン研修編」をご紹介します!!

 

「5WHに分解」して考える

プレゼン研修と言っても、初めは「いきなりみんなの前でプレゼン」ではありません。

まず、あるテーマについてそれぞれ5W1Hに分解してプレゼンを「作って」いきます。

因みに、5W1Hは以下のような内容です。英語でも聞きますね。

◆Why   「なぜ」それが必要なのか

◆What  「何」をするのか

◆Where「どこ」で行うことなのか

◆When 「いつ」行うことなのか

◆Who 「だれ」が対象なのか

◆How 「どのように」して行動に移すのか

 

分解することで、

どのようにみなさんの行動を変えていくのかということも明確になってきます。

次に、この5H1Hを元にシナリオを作ります。

注意をひくタイトルや、皆さんにとってのメリットなどを考えながら

10分程度のプレゼンになるようにシナリオを考えます。

その後、シナリオを他の先生に確認してもらったり

実際のプレゼンを見てもらったりしながら完成させていきます。

 

いざプレゼン!!

写真③

ここまで準備をしたら、いよいよプレゼン研修です。

他の数十名の社員を生徒に見立ててプレゼンを行います。

このとき、プレゼンを聞いている先生は、生徒としてプレゼンに参加しながら

様々な採点項目の採点を行います。

5W1Hに則した採点項目はもちろん

声の大きさや、立ち振る舞い、生徒とのやり取りなど

14項目・各5点満点の採点を行います。

またプレゼンが終了した後には、プレゼンを受けた先生から助言をいただきます。

その助言を元に、次の研修の機会までに改善を図ります。

 

スキルアップをする仕組み

このプレゼン研修は

ただプレゼンを行うだけではなく

他の先生のプレゼンを見ることが出来るという点でも大きなスキルアップに繋がります。

それは、「先輩と後輩」の関係であったり「中学生と高校生」という関係であったり様々

ですが

いずれにしても、お互いの良い面を吸収しながらスキルアップを図っているのです。

 

まとめ

「東セミ社員が本気で取り組むスキルアップ・プレゼン研修編」、いかがでしょうか?

東セミには様々な先生がいますが

皆、生徒の皆さんにとってのよい人材となるために日々研修を行っています。

 

南大分教室 原