お知らせ

熱き情熱コーポレーション新卒社員インタビュー Vol.8


熱き情熱コーポレーション新卒社員インタビュー Vol.8                     

 

みなさん、こんにちは!大分の学習塾、東セミ滝尾教室の浦川です。

私が東セミに入社してから早半年が経ちました。

色々なことに挑戦しながら、日々技術向上に勤しんでいるところです。

さて、塾の先生って日頃どんな仕事をしていると思いますか?

子どもたちに勉強を教えるのはもちろんなのですが、

塾の先生ってこんなこともしているの!?と驚くようなこともたくさんあります。

今回、私が大分の学習塾、東セミに入って実際に取り組んだことや、

驚いたことについて紹介していきたいと思います。

 

生徒の成績を伸ばすため!スキルアップ研修の数々!

1

 

平日、子どもたちが学校から帰ってきて、塾に来るのは夕方以降、

それまでの時間は生徒の成績を伸ばすための様々なスキルアップ研修に充てられています。

わかりやすく、楽しい授業をする技術を身に着ける“模擬授業研修”や、

生徒の「どうして模試を受けないといけないの?」「期末テストに向けて何をすればいいの?」といった

疑問を解決する”プレゼン研修”、高校入試問題の正答率の低い問題を分析する”教務力向上研修”など、

どうしたら子どもたちにより良い結果をプレゼントできるか日々研鑽しています。

私自身、人前で話すこと自体苦手だったのですが、

プレゼン研修を通して少しずつですが話し方のコツを身につけられた気がしています。

今は更に一段階上を目指し、

メッセージ性のある話し方を身に着けることを目標に頑張っています。

 

主要5科目だけではなく、プログラミング指導など新しい教育も。

2

 

私が東セミで担当している講座の1つに”ロボ団”というものがあります。

これは、なんと子どもたちがロボットを使ってプログラミングを学ぶための講座なのです!

次期学習指導要項の一環として、小学校の授業でプログラミング教育を行うことが発表されたように、

その分野を専門的に学びたい人だけではなく、

多くの子どもたちがプログラミングに一度は触れる時代が目前に迫りつつあります。

東セミには、このような時流に即した講座もあります。

 

小学生を対象にした講座ではありますが、

使用しているロボットは大学の授業で使われるものと同じものを使用していて本格的!

私も同じロボットを使用して大学でプログラミングを学んだ経験があるので、

それと同じものを小学生が使用していると聞いて、

最初はすごく驚いたのを覚えています。

 

最後に…

東セミに入社し半年が経過し、多くのことに関わらせてもらいました。

初めて取り組むこともたくさんあり、失敗をすることもありました。

しかし、周りの先生方の手厚いフォローや、アドバイスのおかげで、

失敗を恐れずにチャレンジすることができましたし、自身の成長に繋げられたと実感しています。

大分の学習塾、東セミでは一緒に働く社員を募集しています。

情熱溢れる人材からのエントリーをお待ちしています。