お知らせ

ベテラン講師に聞きましたPrat2「やりがいとは」 山崎編


ベテラン講師に聞きましたPrat2「やりがいとは」 山崎編

ベテランはつなぎの役割でしょう。

前回は、社会人として、塾人としてというスタンスで固い話になりましたが、

今回は、大分市の学習塾、Tosemiの中で私が何をしているのかという話です。

もちろん、塾講師として、生徒の指導、会社の業務は当然なのですが。

 

私の思う学習塾のベテランの仕事は、「つなぎ」だと思います。

私は、料理が好きなので、「ハンバーグ」で例えます。

ハンバーグはいくら上等な赤身の肉だけを使って作ってもぱさぱさしておいしくありません。

適度な脂身やパン粉などのつなぎがあってこそ、ジューシーでおいしいハンバーグが出来ます。

もちろん、赤身肉、脂身、パン粉、牛乳、卵など素材そのものが良くなくては、

これまたおいしいハンバーグにはなりません。

そして、大分市の学習塾Tosemiには、若くて活がいい先生がたくさんいます。

ベテランは、このらの先生方が思いっきり仕事できるように、つなぎ役になるのだと思います

 

世話役としてのやりがい

1

会社の潤滑油的役割になることも自分の仕事だと思います。

例えば、東セミの社員で行うバーベキュー。なかなか休みの日が合わなくなっているのですが、

東セミの社員さんのお子さんも参加できるようにして、同部門でない社員たちとも交流し、

古い言い方ですが、「同じ釜の飯を食った仲間」となる企画も、

私(ベテラン)たちの仕事だと思います。

 

仕事上での協力は当たり前です。仕事なんだから。

仕事外でも付き合いがあり、仲間意識が高まれば、

職場の同僚から、チームへと変わり、

1+1=2が3、4、5となる仕事が出来ると思います。

 

福利厚生

イチゴ狩り・梨狩り・ぶどう狩りなど、社員さんがもっと仲良く、楽しいこと。

また、太陽の光をたっぷり浴びれることを企画しました。

もちろん社員さん同士、仲はいいんですよ。

もっと仲良く、出来るならばお互いのお子さんとも仲良くなれるようにと気を配るのも、私の仕事だと思います。

仕事の上だけでの付き合い。さびしいじゃないですか。

このような活動の結果、今、大分の学習塾、Tosemiでは、いくつもクラブ活動があります。

狩りなどを主とする「Tosemi食っちゃうぞツアー」「Tosemi Tennis Club」「Tosemi Futsal Club」

最近、流行っているのが、「Tosemi Fishing Club」。休日に釣りに行く社員さんも増えました。

釣った魚は、それぞれでおいしくいただくという、趣味と実益を兼ねた活動です。

仕事外での付き合いも、一体化のためには、必要不可欠だと思います。

3

 

また、冠婚葬祭などの際の関わり、これもベテランの仕事だと思います。

社内でお祝い事があれば、声をかけみんなでお祝いをする。

不幸事があればみんなのお悔やみの気持ちを届ける。

仕事をする上で円満な友好関係は、こうした行事によっても築けると思います。

小さいことかも知れませんが、会社間・社員間・お友達としてもよりよい関係を保つためには必要です。

 

イベント時も本気

2

大分市の学習塾、Tosemiはいろいろなイベントにも本気で取り組みます。

例えば、テスト対策時のときに「塾でカレーをふるまう」、

「Tosemi夏祭り」としてカキ氷や・怪談話の部屋など。

いろいろなタイミングで、生徒とふれあい、先生も楽しむことでよりTosemiが好きになってくれると考えています。

だから勉強するときは勉強をし、楽しむときは、目いっぱい楽しみます。

その際、ベテランは率先して、きぐるみ、売り子(カキ氷を作る)などをすることで、

若い先生方も照れずになんでも出来ると思います。

 

まとめ 

「若手の先生方が、気持ちよく仕事が出来る環境を作るお手伝い。」

これもベテランに課された大きな仕事です。

その結果、会社は、常に新しい風が吹き続け、常に前進する会社になれます。