お知らせ

とある塾講師の一日「横谷先生編」


とある塾講師の一日「横谷先生編」

 

こんにちは。

大分の学習塾東セミのきらめきっず部門に所属している、横谷です。

塾講師というのは子どもたちに授業をするのが主な仕事ですが、

授業以外の時間に何をしているのか、

というのは就職活動中の皆さんも気になるところだと思います。

今回は私の1日の業務をご紹介します。

 

1.東セミ全体、そして部門ごとに情報共有をします!

 

1

 

 

 

13:10 東セミ大学受験専門館・東セミかず家教室に集合

週に2回、東セミの先生たちは、それぞれの教室にはいる前に、情報共有を行うために集まります。

 

 

13:20 全体・部門会議

会議は曜日によって、東セミ全体の会議と、部門ごとの会議のどちらかが行われます。

今回は部門別の会議です。

体験会の日程確認や、生徒・保護者へのお知らせ、

配布物やイベントの準備スケジュールなどを確認しあいます。

イベント類は開催の2月以上前から会議を重ね、より良いイベントになるように案を出し合います。

また、トレーナーさんからの相談事なども共有し、部門全体で解決策を考えます。

 

 

14:20 会議終了

各教室に向かい、授業準備をします。

主な準備内容は、その日授業がある生徒の進度と授業内容の確認や、配布物やお知らせの確認です。

また、振替の生徒や欠席者がいる可能性もあるので、振替管理用の名簿をチェックしておきます。

早めに来た生徒たちが自習をしているときは、静かに自習しているかどうかも気にかけます。

 

 

2.授業を開始します!

 

2

 

 

 

15:30 授業開始

recruit_voice_staff01_03

授業が始まると、まず生徒達にその日の目標を聞きます。

「今日は昨日よりもきれいな字を書く!」「〇点以上を目指す!」

「かけ算を最後まで解ききる!」など、イメージトークをすることで前向きな気分にします。

生徒達の目標を聞いた後は目標達成の手助けをしつつ、

授業前に確認しておいた気にかけた方がいい生徒を重点的に指導していきます。

また、授業の合間の時間で授業の様子や進度などを保護者に伝えます。

日常的に様子を報告しあい、相談なども受けることで、保護者との信頼関係を築くことができます。

 

 

3

 

 

 

 

19:30 授業終了

最後の授業が終わり、保護者とのお話も終わってからは、その日の反省をします。

授業運営の見直しや、次回の検定挑戦者の選定、

なかなか検定に進めない生徒の指導法などを話し合います。保護者からの相談もここで共有します。

その後、2回連続で欠席した生徒や、相談があった保護者への連絡を行っていきます。

 

 

3、本日の授業報告、明日以降の授業準備をします。

 

4

 

 

 

 

 

 

 

20:00 次回の授業の準備をします。

各講座での話し合いが終わったら、次回の授業の準備をします。

今週はそろばん検定を実施する週なので、検定問題の準備も事前に行います。

配布物の印刷や授業用プリントの増刷も、時間があるときにやっておきます。

 

 

22:05 教室清掃、撤収準備

生徒が全員帰宅したら、教室内を清掃します。

特に幼児が使ったあとの机は、鉛筆のあとなどが残っていることがあるので、きれいに拭きます。

最後に本日の報告をパソコンで打ち込みます。

別教室にいる講師にも共有し、授業内容や次回以降の進度目標などを確認してもらいます。

 

22:30 帰宅

お疲れ様でした。

 

 

4、最後に一言。

 

きらめきっずは幼稚園から小学校中学年辺りが対象学年になります。

そのため、まず授業を楽しいと思ってもらえるように工夫をしてきます。

授業を楽しんでくれさえすれば、生徒たちはこちらが驚くほどの成長を見せてくれるからです。

「できた!」と感じた時の生徒の笑顔を見ると、この仕事をやっていて良かったと心から思います。

就職活動中の皆さん、東セミで頑張る子どもたちを、一緒に応援しませんか。

新しい先生を募集していますので、ぜひエントリーしてみてください!