お知らせ

東セミ講師が本気で取り組むスキルアップ講習「模擬プレゼン研修」


東セミ講師が本気で取り組むスキルアップ講習「模擬プレゼン研修編」

 

こんにちは!

大分の塾Tosemiで中学受験を担当している三浦です。

今回は、社員のスキルアップのために

大分の塾Tosemiが行っている研修の一つをご紹介します。

それが「模擬プレゼン研修」です。

図1

 

◆大分の塾Tosemiの「模擬プレゼン研修」とは◆

大分の塾Tosemiでは、授業の最初や最後、また学年集会などで

生徒がやる気になるプレゼンテーションを行う時間があります。

「なぜ勉強するのか」

「成績を上げるコツは?」

「定期テストで勝利するためには」

などなど…

生徒にとってその時に必要な内容で、熱く話をします!

 

でも、これは思い付きではできません。

「短い時間の中で、一番言いたいことを伝える」

そのためには、内容を吟味し練習することが不可欠です。

そこで、大分の塾Tosemiでは、講師がプレゼンの「模擬」を行って

研修をし、プレゼンのスキルアップを行っています。

 

◆まずは構成を考える◆

「模擬プレゼン研修」では、いきなりプレゼンを行うわけではありません。

まずは構成を考えるところから始めます。

プレゼンは、長く話しても生徒の心には残りません。

伝えたいことは1分以内にまとめられる内容でなければ、相手の心に残りません。

そこで、まずは骨組みを考えて、その内容をいかに説得力のあるものにするかが構成です。

2

 

構成を作るときには、上記のようなマニュアルに沿って、内容を分解していきます。

そうすることで、伝えたい内容が心に届くために必要な情報が抜けていないか

説得力はあるのか、など考えることができます。

 

◆練習、修正、そして練習◆

構成を考えたら、上司や先輩のチェックが入ります。

足りないものや余分なものを指摘してもらいます。

そうすることで、より、内容に深みが出て、説得力が増します。

しかし、構成を作っただけでは、相手には伝わりません。

よどみなく、熱量を持って話しきるためには、練習が不可欠です。

図2

 

 

実際に話してみることで、構成を作った時には気づかなかったことに

気づくことができます。

もちろん、一人で練習するだけでは、自分の話し方の癖や、

直すべきしぐさなど、気づかないことがあるので、練習したら先輩チェックです。

 

そこで指摘されたことを修正し

また、練習です。

 

◆そしてプレゼンの舞台へ◆

そして、いよいよ練習の成果を発揮する「模擬プレゼン研修」の舞台です。

大勢の講師の前で、練習の成果を発表します。

図3

もちろん緊張はします…

が、その緊張を乗り越えて、話せるようになれば、

生徒の前でも、自分の気持ちを熱く伝えられるようになります!

 

◆誰でもプレゼンはできる!◆

こうしてみると、「大変そうだな」と思う人もいるかもしれません。

でも大丈夫!

初めての人でも、これだけ丁寧に研修を行いますので、

誰でもプレゼンテーションができるようになります。

 

大事なことは、「伝えたい熱い気持ちを持っている」ということだけです。

 

大分の塾Tosemiでは、熱い気持ちの人材を随時募集中です。

私たちと一緒に、スキルアップ研修を行いながら、

あなたの熱い気持ちを生徒に伝えてみませんか。

生徒に気持ちが伝わり、一緒に成長できた時の喜びは何物にも代えがたいものです。

ぜひ、大分の塾Tosemiで一緒に働きましょう!