お知らせ

『ベテラン講師に聞きました~やりがいとは~』


『ベテラン講師に聞きました~やりがいとは~』

大分の学習塾Tosemiの佐藤です。

この記事をご覧になっている方は、どのような方でしょう。

 

大学進学にあたり、将来を研究中であるのか、

または卒業を控え社員募集として教育業界に興味がある方なのか、

はたまた一旦社会に出た後、ご自身の情熱を教育業界に向けられた方なのか、

もしかすると塾を探している保護者の方というのも想像できます。

どこかしら当てはまる部分はあったでしょうか。

 

さて私個人、記事の題名にあります『ベテラン講師に聞きました~やりがいとは~』とありますが、

『ベテラン』いわれるのもおこがましいと思っております。

しかし、塾講師暦25年、塾業界に進んだ出来事をつづらせていただきたいと思います。

1

 

 

 失敗

2

 

 

私は大学進学時、教職を目指していました。

そのための経験をつむため、友人の誘いもあり、気楽な気持ちで、

本当に気楽な気持ちである学習塾でアルバイトをすることになりました。

それが今の自分を作る事になるとは夢にもおもっていませんでした。

 

その学習塾は、灘・ラサール・久留米大付設等、

難関中学に合格者を多く輩出すような進学塾でした。

私は、新人ではありましたが、生徒を鍛え上げながらも、

授業の中に『面白さ』をも取り入れようと授業を行いました。

 

しかし残念ながら、その環境には受け入れられずに、

3ヶ月ほどで授業を外されてしまうといった失敗をしました。

周りが見えていなかったんですね。

 

ターニングポイント

3

 

生徒も最後の授業と知っていたのでしょう。

山田さんという生徒が見送りにきて

『ありがとうございます。授業楽しかった、また戻ってきてね』

という言葉もらい、一旦は退社しました。

一軒屋で開校していた個人塾でしたので、玄関先でのこの場面は今でもはっきり覚えています。

 

その時は、もう戻ることは無いだろうと思っていました。

しかし、山田さんを中心に私を塾に戻してくれるよう塾長に働きかけてくれたようです。

 

その後しばらくして、再度授業を行う機会を得ることができました。

気楽に請け負った塾講師。当然のごとく失敗。

その考えを一変させてくれたのが小学生であった生徒。

 

山田さんとは、合格後接点はありませんが、

私の今後を大きく変えてくれた出来事でした。

おそらくどこかで立派な人材として活躍をされていると思います。

 

そしてこの出来事が、本気で塾講師に舵を切った出来事でもありました。

私の根本はすべてがここにあります。

 

その後私は、大学生・社会人と時間を経ましたが、

基本的な考えとして『生徒の幸せのため』という考えのもと、時間をすごしてきました。

 

 

 

まとめ

塾講師はつきなみですが

『生徒と一緒に成長できる。年を重ねても『ここまで』というものはありません!』

恥ずかしながら、私の場合、気づかせてくれたのは小学生です。

相手をしているのは生身の人間です。

ごまかしは通用しません。いつも全力でぶつかっていけます。

 

『目の前の生徒のよいところを伸ばしていける』

もともと通知表など『評価』をすることが苦手だった私。

目の前の生徒が望めばその希望をかなえるためのお手伝いを全力ですることができます。

 

『ありがとう』が直接感じられる環境にある

一生懸命作った製品であるなら、それがどのように使われているか、

喜んでもらえているのか見えないことが多いようです。

そのような場合自分がやった仕事に疑問が生まれ、自分を見失うことがよくあるそうです。

塾では人相手です。

気づきをもらった際、目標を達成できた際、自分自身からも、生徒からも『ありがとう』が見える環境があります。

 

大分の学習塾Tosemiでは『生徒のため』のみならず、

『その保護者』『働いている社員・家族』『関係する方みんな』

そして『地域』の幸せも目指すことを目標にしています。

これは私の視野には無かったことです。

 

大分の学習塾Tosemi では情熱あふれる仲間を大募集しています。

一緒にありがとうのあふれる環境で力を発揮してみませんか。