お知らせ

とある塾講師の一日 「東進の先生編」


とある塾講師の一日 「東進の先生編」

 

こんにちは大分の学習塾 大学受験専門館 東進大分駅前校の大川です。

私自身、今年度より中学部から高校部へ異動となり、6月より専門館勤務となりました。

本日は 「東進の先生編」 ということで、

東セミの高校部 東進大分駅前校での業務を紹介させていただきます。

4

 

 

受講管理

 

3

 

東進では担任POSという受講管理システムを使って、受講予約や時限変更を行います。

東進での第一歩はこのPOSを使いこなせるようになることです

(難しいかと思ったのですが、2日で覚えられました)。

裏技も多数存在するようなので、そこは猛修行ですね(笑)。

 

毎日50~60件程度「受講変更をお願いします。」と生徒がやってきます。

学習予定を決めていても、中学・高校の予定により学習予定の時間が上手く合わない生徒もしばしば。

そんな忙しい生徒たちのためにもテキパキ対応!!

私自身まだ顔と名前が一致しない生徒も多いので(ゴメンナサイ)、

名前を何度も尋ねてしまったり(本当にすいませんm(_ _)m)・・・。

しかしながら、とても大切なコミュニケーションの場でもあります。

 

生徒面談

1

 

2週に1回合格設計図をもとに、生徒面談を行っています。

「今週はテスト前だから最低限、これとこれをやろう」とか。

「今週は時間があるから週に8コマ頑張ってみようか」など

生徒とのコミュニケーションを図るとともに、受講計画を共に考え、

生徒に良い学習習慣をつけさせていきます。

 

先に短期目標・中期目標・長期目標を見せて、その都度修正する箇所があれば、修正していく。

受験勉強にも日々の学習にも戦略と成功のコツがあります。

ほぼ毎日面談をするので、かなり大変ですが、

一緒に合格までの路をつくっていくという点で本当にやりがいを感じます。

非常に充実した時間を過ごせています。

 

HR(ホームルーム)とGM(グループミーティング)

週に1回、学年HRとGMを行います。

HRでは全体に向けての伝達事項の確認と、全体としてやるべきことを話します。

われわれ講師陣、担任助手そして生徒が目的を共有し、チームとして行動しています。

結構生徒たちも盛り上がるので楽しい一時だったりします。

一体感を感じられるのが嬉しいですね。

 

GMとは同じ目標を持った複数の高校生が1つのグループとなって、

目標のために切磋琢磨するためのものです。

主にスケジュール確認、進捗確認、小テストを行っていますが、

グループ対抗で向上得点マラソンというイベントを行ったりもします。

オチャメかつ恥ずかしがりやなのでみんな後ろを向いています!

4

 

 

まとめ

まだまだ東進にはいってわずかですが、多くの業務に関わらせていだいています。

中学のころ担当だった生徒が高校生になり、大人として成長している様子を見たり、

トレーナーとなって、バリバリ仕事をしてくれている様子をみると、やはりうれしいです。

担任助手、講師としての仕事に興味があるかたはお気軽に、

大学受験専門館東進大分駅前校、東進大分明野校、東進大分別府駅校までご連絡ください。