お知らせ

熱き情熱コーポレーション 職場訪問「滝尾教室編」


熱き情熱コーポレーション 職場訪問「滝尾教室編」

 

こんにちは

今日は大分の進学塾 東セミの滝尾教室に来ています。

米良バイパスに面した滝尾教室では地元滝尾に根ざした進学塾として

⾼校受験指導は当然のこととして、県内唯一の公立中高一貫校の豊府中学校への受検指導、

さらには滝尾教室で高校受験を経験した東セミ生の⼤学受験指導を行っています。

塾生はほぼ100%下郡小・滝尾小・滝尾中の児童と生徒だそうです。

対象が決まっているから「指導の仕方にブレが無い!」

このことが滝尾教室のセールスポイントだそうです。

 

 

まず目に留まったのは入り口横の自動販売機

 

1

 

「いつでも飲み物が購入できるなんていいですね」と滝尾教室長の安藤先生に尋ねるとすぐに

「入館前にしか購入させてません!」と少し厳しい回答が返ってきました。

理由を尋ねると

「その日に飲む量さえ計画的に考えられない人が、

受験というハードルに計画的に取り組むことができるはずないでしょう」との答え

厳しい言葉の中に、常に受験に真正面から向かい合っている

東セミ滝尾教室の熱さや温かさを感じました。

 

続いて学習塾を運営していくために大切にしていることはとの質問に

「しつけ」と「居心地の良さ」という言葉が返ってきました。

2

 

 

たしかに納得です。

今回、滝尾教室を訪れたのが土曜日の夕方ということで、

自転車の台数は若干少なかったものの整然と並んでいました。

日ごろからの塾生への声掛けが実を結んでいるのだと感じさせられる瞬間でした。

 

 

中に入ると25席並んだ広い自習室

 

3

 

静かに学習する環境が整っているようです。

「いつも正面のテーブルからフロア全体ににらみを利かせているんです」

と話す先生の細い目は「眼光が鋭い」というよりは、

塾生をほほえましく見つめて「目を細めている」というイメージそのものでした。

 

『Spirits』というクラス指導

 

4

 

『Passion』という個別指導

 

5

 

個別指導とクラス指導が併設されている滝尾教室

これは大分の進学塾 東セミの中ででもユニークな存在のようです。

「以前は主流だったこの型も今では判田と滝尾だけなんです」と安藤先生

滝尾地区という市場のニーズに寄り添うため、

大分の進学塾 東セミでは会社の総意で滝尾教室を併設型にしているそうです。

 

学習を始めるときに、自分にはクラス指導があっているのか、

個別指導があっているのか悩んでいる人の話を聞いたことがある。

「そんなときに個々の塾生や保護者の気持ち応えられるのが併設型なんです。

併設型にすることで塾生の想いにグッと近づくことができます」と

 

さらに「どんな悩みがあるのか、どんな目標を持っているのかをじっくり聞き取りベストな選択を提案する」

「塾生がその提案を信じて取り組み結果を残す」

「そこに滝尾教室で働くことのやりがいを感じています」そう応えてくれました。

 

地元だからこその『ライバル』が同じ教室の中にいて、

指導の形態は違っても切磋琢磨している。

そんな姿が大分の進学塾 東セミ滝尾教室にはありました。