お知らせ

教えて!生徒との感動ストーリー


教えて!生徒との感動ストーリー

今、一生をかけて働きたいと思う学習塾を探しているあなたに

1

大分の学習塾 Tosemiの東セミかず家で、中学1年生の学年担当をしている

ウールブライト(子どもたちはウール先生と呼んでくれます)が、

「生徒との感動ストーリー」についてお伝えします。

 

Tosemiは大分市内だけではなく、

県外の中学受験、高校受験、そしてもちろん大学受験に向けて生徒たちを鍛えています。

今回は高校受験のスタートに関するお話をします。

 

 

何事も最初が肝心!

top-300x269

高校受験はいつから始まると思いますか?

多くの方は2年生の3学期や3年生の夏からとイメージされると思いますが、

私は中学生になる直前に始まる中学準備講座から始まっていると思っています。

 

どうしても、3年生になる前や部活動の最後の大会が終わってからとイメージしてしまいますが、

何事も最初が肝心!とよく言うように

中学生最初の定期テストで結果を出すことが高校受験の始まりです。

最初のテストの結果が3年後の成績に大きく影響することは長年の講師生活で身に染みて感じています。

今回は、中学準備講座から東セミの門を叩いたA中学のBさんの話をお伝えします。

 

 

苦手科目は英語。。。

Drawn letters by chalk. Teaching abc alphabet letters for little kids on the blackboard. Education concept.

Bさんは小学生の頃、小学校で行われる授業以外で

英語を勉強したことがなかったため、英語に全く自信がありませんでした。

しかし、中学生になるにあたり単語テストは避けて通れません。

全く英単語が読めない中、彼女は努力しましたが、

当然点数が取れるはずもなく、最初の単語テストは10点中2点。。。

ますます自信を失いそうになっていました。

 

 

そんな彼女を私は「少しずつでいいんだよ。まずは読めるようになろうね。」と

根気強く元気づけながらがんばらせました。

前のテストより点が1点でも上がれば褒めということを繰り返しました。

 

あきらめなければ結果は出る!

2

 

そして、ついにBさんは単語テストで合格点を取ることができました!

その後、ときどき合格点を下回り追試を受けることがあっても彼女は前向きにがんばり続けました!

中学1年生の定期テスト前の東セミの名物合宿「英語合宿」も参加してくれ、

なんと1番最初の定期テストで英語91点という高得点を取ってくれました!

 

3

 

そして最初の通知表でも英語で最高評価の5を取ってくれました!

はじめ、英語に全く自信がなかった生徒が最高評価ですよ!

うれしすぎます!

もう自信がないなんて言わせません!

 

まとめ

応援しサポートし続けた生徒さんが、結果を出してくれることに勝る喜びはありません。

我々があきらめず、根気強く応援し続ければ生徒たちは必ず結果を出してくれます!

結果を出し続けることにより生徒たちの可能性はどんどん広がっていきます。

みなさんにもそのお手伝いをして欲しいと願っています。

 

大分、宮崎の学習塾 東セミ かず家 ウール