お知らせ

教えて!生徒との感動ストーリー その9


教えて!生徒との感動ストーリー その9

 

今、一生をかけて働きたいと思う学習塾を探しているあなたに。

こんにちは、大分の学習塾 Tosemi戸次教室の嶋田です。

Tosemiでは、中学受験、高校受験、大学受験に向けてがんばる生徒を全力で応援しています。

今回は、苦手科目を克服して、見事に夢への一歩を踏み出した生徒を紹介します。

 

夢は看護師、理系科目はからっきし

 

彼女は、私がPassion部門に配属された一番初めの年の生徒でした。

まだ私がTosemi戸次教室にも慣れていない中、真っ先に話しかけてくれるような人懐っこさ。

勉強はあまり得意ではなく、授業では何度もばってんを食らうこともありましたが、

めげずに毎日塾に来て勉強する、明るく素直な生徒でした。

 

特に彼女を苦しめていた科目は理科。

彼女自身、理科に対して苦手意識が強く、点数もどうがんばっても50点を超えられない。

授業でも、一生懸命用語を覚えたり、

計算問題をがんばったりとしていましたが、なかなか点数が伸び悩んでいました。

 

しかし彼女の将来の夢は看護師。

理科は入試でも、進学してからも避けられない科目でした。

 

1

 

 

徹底的にやらせる!泣くまでやらせる!泣いてもやらせる!Tosemiのテスト対策

 

Tosemiでは必ず、定期テスト対策は1ヶ月前から始めます。

また、普段は休校ですが、テスト対策の時期だけ日曜も校舎を開校し、

Tosemiの用意した小テストに合格するまで帰れないイベントも実施します。

彼女は毎回テスト対策には参加してくれていましたが、

学校の副教材やテスト対策用テキストを終わらせるのが精一杯でした。

 

しかし、中3の2学期、絶対に点数を取らなければならないテスト。

このときはテスト対策用テキストをいったんストップし、

ひたすら各科目の小テストを実施しました。

 

やはり理科の小テストで何回やっても不合格を連発。

はじめのテストでは丸が1つか2つだったのが、

半分正解するようになり、7割正解になり、だいぶ正答率は上がってきました。

 

しかし、なかなか合格まで手が届かない状態でした。

ひたすら同じ範囲を解かされ、合格まで後一歩のところまで来るものの不合格。

朝からテスト対策に参加していたのに、

夕方になっても帰れず、彼女もとうとう半泣きになってしまいました。

 

『あと1問のところまで来たのだから見逃して』

 

2

 

と、弱音を吐き始めましたが、それでも校舎が閉まる時間まで何度も挑戦させました。

あんなに明るくいつも話しかけてくれた彼女は、最終的に目も合わさず帰っていきました。

 

 

 ドキドキのテスト当日、結果は・・・?

 

テスト当日、先日のテスト対策とは

打って変わって満面の笑みで教室に彼女が駆け込んできました。

 

『この間のテスト対策でやったとこが全部出た!』

 

その問題は全部解けた自信があるようで、非常にうれしそうでした。

テスト対策の日は先生最悪と思っていたけれど、

テストで前日にやった問題が出て、全部解けたと思うからとてもうれしかった、

あきらめんでよかったとも言っていました。

 

後日返却された答案は80点超え。

普段50点弱だったため、なんと30点以上もアップ。

最高の結果となりました。

この事から、あきらめずやればできるという自信もついたようです。

壁に貼られた成績アップの掲示物も、よく周りの友達に自慢していました。

 

その後も、入試対策や模試などで何度もくじけそうになりつつも、みんなより一足見事志望校に合格。

合格後も、中学卒業までは塾に通い、高校入学の準備のためこつこつ勉強を続けました。

保護者の方からも『塾に通うようになって、

今まで勉強する習慣のなかった子が、自分で勉強する方法を身につけることができた。

これで高校に行ってもがんばれると思う。』とおっしゃっていただけました。

 

最後に

その後、彼女は高校入学して1ヶ月後くらいに、

校舎に高校でできた友人を連れて遊びに来てくれました。

3

 

入学して最初のテストでかなりいい点数が取れて、高校の先生にほめられたと報告してくれました。

どうせできんけん、とあきらめることも多かった彼女が、前向きにがんばれるようになり、

充実した高校生活を送れていることが非常にうれしかったです。

 

嫌われる覚悟で生徒に向き合うことで、生徒自身だけでなく、保護者まで笑顔にできること。

生徒のその後の人生に影響を与えられるのが、塾講師の仕事だと思います。

もし、少しでも興味がわいたなら、一緒にがんばってみませんか?

お待ちしています。

 

大分、宮崎の学習塾 Tosemi戸次教室 嶋田