お知らせ

【宛名書きから郵送方法まで】エントリーシートや履歴書を送付するときのマナーについて


Personal history

懸命に書いて完成させたエントリーシートや履歴書、送る時の正しい方法で迷っていませんか?せっかくエントリーシートや履歴書の内容が良くても、間違った送付方法をしてしまうと、相手に悪い印象を与えてしまう場合があります。今回は、エントリーシートや履歴書を送付するときの正しいマナーと、よくある疑問の解決法も合わせてご紹介します。

エントリーシートや履歴書を送付する手順 宛名書き~封書入れまで

Curriculum vitae and ballpoint pen

まず、郵送でエントリーシートや履歴書を送付する時は、あらかじめ以下6点を用意しておきましょう。

・履歴書を折らずに入れられる白色封筒
・エントリーシートまたは履歴書
・送付状
・A4クリアファイル
・のり
・セロファンテープ

・まず封筒に宛名を書いておく
履歴書またはエントリーシートを郵送する時には、中身を折り曲げてはいけません。例えば、A4サイズ履歴書ならA3サイズを二つ折りで市販されている場合がほとんどですので、二つ折以上は折らないようにしましょう。履歴書やエントリーシートは企業側でファイリングするため、折り目がついていると保管に手間がかかるためです。よって、履歴書やエントリーシートを折らずに入れられる白色の封筒を用意します。中身を入れて封をする前に、宛名を書いておけば万が一失敗しても書き直しができますので、先に封筒の宛名書きをしておきます。

白色の封筒表に送付先、左下に「履歴書在中」を赤字で書き、四角で囲みます。宛名は、送付先によって「御中」「○○様」を使用しますが、「御中」と「様」は併用できないので気を付けましょう。

例:

正:○○株式会社××部○○様
正:株式会社○○ 人事部 採用ご担当者様
正:○○株式会社人事部採用課御中
誤:○○株式会社人事部御中 ○○様

裏面には自分の住所、氏名、電話番号を書きます。まれに「生年月日も明記」などの指定があるため、確認しておきましょう。

・送付状を作成し、クリアファイルに入れる
ビジネスシーンでは、郵送物を開封した人がすぐに中身が確認できるように、郵送物には送付状を添付するのがマナーです。送付状は、送り状やカバーレターとも呼ばれ以下の5つを記述して作成します。

・宛名
・自分の住所と氏名
・挨拶
・本文
・記書き

エントリーシートまたは履歴書と送付状は、封筒にそのまま入れずA4サイズの透明クリアファイルに入れましょう。のりづけの上にセロファンテープでしっかり封をして完成です。

確実にエントリーシートや履歴書を送付するため郵便局へ

Post Office in Japan

エントリーシートや履歴書を郵送で送るには、郵便局へ持ち込んで正しい料金を支払うのが確実です。自宅のキッチンスケールなどで重さを測って切手を貼って出すこともできますが、万が一料金不足などで受け取れないと、相手の心情を悪くしかねません。郵便局の営業時間内に持ち込んで郵送するようにしましょう。

エントリーシートや履歴書に関する3つの良くある疑問

Writing a resume

・パソコンよりも手書きで
近年はパソコンでエントリーシートや履歴書も作れるようになりましたが、手書きの方が相手への印象は良いです。あまり気にしない担当者ももちろんいますが、迷った時には手書きのほうが無難です。この時、フリクションペンや修正液の使用はNGです。

・速達にしたからといって採用に影響があるわけではない
応募期間が十分にある場合、速達にしたことで採用に影響するということはありません。期間が十分ある時には普通郵便で問題ありません。

・書留は利用可能か
自分が送った書類がきちんと企業に届くか不安な場合がありますが、書留の利用は避けましょう。書留を受け取るには、受領印が必要です。つまり、自分の送った書類を企業の担当者が受け取る際に、捺印をするという手間を取らせてしまいます。書留ではなく、インターネット上で書類の状態が随時確認できる、特定記録郵便を利用しましょう。

まとめ

エントリーシートや履歴書を送付する時のマナーや良くある疑問の解決法をご紹介しました。正しいマナーを守って書類を送れば、第一希望の企業の採用もグッと近づきますよ。