お知らせ

大学生が安心して働ける環境づくり「安心塾バイト認証制度」について


Female teacher having books giving lessons

過酷な勤務状況や適切な賃金が払われないなど、「ブラック企業」が問題となっています。さらに、正社員ではなくバイト従業員にも不適切な労働環境で働かされる「ブラックバイト」の存在も明るみに。塾講師アルバイトのブラックバイト化を防ぎ、大学生が学業と両立させつつ働ける環境づくりのために生まれたのが「安心塾バイト認証制度」です。ここでは、精度設立までの背景、概要、申請方法などをご紹介します。

「安心塾バイト認証制度」ができた背景とは?

Woman watching from a pedestrian overpass

安心塾バイト認証制度ができた背景にあるのが、厚生労働省と文部科学省の連携の下で行われた、「大学生等に対するアルバイトに関する意識等調査」です。調査の結果、進学塾や学習塾でアルバイト講師として働く大学生は、労働基準法違反の可能性のある労働環境下で働いている現状が浮き彫りになりました。

・労働条件を明文化されていない
・準備や片付けの時間は賃金に含まれない
・採用時に両者で決めた以上にシフトを入れられた
・試験期間中もシフトを入れられた

このように、塾講師のアルバイトが学業の妨げになるケースから、労働基準法に違反しているケースまで、さまざまな不適切な労働環境でアルバイトしている大学生が少なくなかったのです。

特に学習塾や進学塾のアルバイトはほかの業種とは区別して、学生アルバイトの適切な労働条件の確保をするようにと厚生労働省と文部科学省から要請を受けました。このことで誕生したのが、「安心塾バイト認証制度」です。

「安心塾バイト認証制度」とはどのような制度か

Designer working on a sketch

安心塾バイト認証制度とは、「公益社団法人全国学習塾協会」が定めた、学生アルバイトの労働条件の確保を目的とした自主点検および申請制度です。自主点検の方法は、「学生アルバイトの労働条件に関する自主点検表」を用います。

学生アルバイトの労働条件に関する自主点検表は労働基準関係法令に違反する事項、労働基準関係法令に違反するおそれがある事項、学業とアルバイトの両立のために特に配慮が必要な事項の3項目、計21のチェックポイントが設けられています。学生アルバイトの労働環境下を鑑みて自主点検を行い、21のチェックポイントのいずれかを満たさない場合には、不適切な学生アルバイト環境であるということです。逆に、全てのチェックポイントを満たせば、学生アルバイトの労働条件を確保した、適切かつ安心してアルバイトができる学習塾・進学塾であることが分かります。

「安心塾バイト認定シール」は、学生アルバイトの労働条件確保の証

school and class image

学生アルバイトの労働条件を確保している学習塾・進学塾であることの証明が「安心塾バイト認定シール」です。

「学生アルバイトの労働条件に関する自主点検票」の全ての項目をクリアし、所定の書式や労働者名簿、雇用契約書、労働条件通知書、賃金台帳などの計14の書類や書式を添えて、「安心塾バイト認証制度」の審査手続きを行います。その後審査に通り、安心塾バイトとして認定されると、「安心塾バイト認定シール」が交付されます。

安心塾バイト認定シールは、塾のパンフレットから塾求人まで色々な媒体で使用できます。安心塾バイト認定シールのある塾は塾バイトを考えている大学生が安心して働ける塾であること、さらに大学生アルバイトが適切な状態で働いている塾であるため、大切な子供の受験にも安心して利用できる塾であると分かります。

まとめ

安心塾バイト認証制度についてご紹介しました。安心塾バイト認定シールのある学習塾・進学塾は塾選びの重要なポイントです。普段の学習から受験まで安心して通える塾探しの参考にしてください。