新卒採用情報

熱き情熱コーポレーション 職場訪問「南大分教室編」


大分の学習塾東セミでは、中学受験、高校受験、大学受験といった受験に向けた指導はもちろん、それ以外にもそろばん、速書、速読など様々な能力開発の講座があります。

今回はその中の一つであるロボットプログラミング教室「ロボ団」を開講している、東セミ南大分教室を訪問してきました。

 

理数に強い東セミ南大分教室

◆ロボ団とは?

「世界でも勝負できる子どもを育てる」をミッションに、好きを学びに変え、理数・ITに強い子どもたちを育てる大阪初の教育スクールで、全国約70ヵ所に教室があります。

プログラミングを勉強するだけでなく、自分たちが組み立てたプログラムでロボットを実際に動かすのがロボ団の最大の特徴になります。プログラミングと聞くと難しそうだなと感じる人も多いかもしれませんが、ロボ団ではロボットの動きで自分のプログラムを確認できるので直感的にわかりやすくなっています。

プログラミングは2020年から義務教育化が決まっています。子供達にプログラミングが身の回りでどのように使われているのかを知ってもらいたい!大分の学習塾東セミではそんな思いから時流に合わせた講座も開講しています。

 

◆ロボ団専用教室!

東セミ南大分教室自慢のロボ団専用教室

東セミ南大分教室最大の特徴は、何といってもロボ団の授業をするための専用教室があることです!

真ん中にある白い机はロボットを動かすための専用テーブルとなっており、世界大会などの規定に合わせた大きさになっています。

机には様々な工夫がされており、天板の下のスペースはロボットの収納スペースになっているだけではなく、プログラミングに必要なロボットやパソコンの充電も可能になっています。

ロボ団プログラミング小学生

これはSTARTERクラス(年長・小1)の授業の様子です。ロボ団ではまだ小学校に通う前の子や、今年通い始めた子たちのクラスもあります。

もちろん彼らもパソコンを使ってしっかりロボットプログラミングをしていきます。プログラミングだけでなく、マウスの操作や文字のタイピングなどパソコンの基本技能、REDやBLUEといった簡単な英単語から、小数、負の数など小学校高学年、中学校で習う内容も知らず知らずのうちに身につきます。

◆まとめ

学習塾、進学塾の講師の仕事というと定期テスト・入試に向けての勉強を教えることという認識の人がほとんどではないかと思います。

そのような5科目の学習も当然欠かせない大切な仕事なのですが、子供たちに身の回りの道具、乗り物がどのような仕組みになっているのか伝えることも同じくらい大切なことだと私は思っています。

この記事を読んでプログラミングを教えるって面白そうだなって思った人がいれば是非東セミにエントリーしてみてください。皆さんと一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています!

 

東セミ南大分教室 ロボ団担当 浦川 憲太