中途採用情報

熱き情熱コーポレーション 風土紹介実例その5


こんにちは。大分市の進学塾、東セミ滝尾教室の尾籠です。
今回は塾講師歴20年以上ながら、熱き情熱コーポレーション Tosemi1年生の私から
わが社の風土紹介を実例付きでご紹介します!

◆①「生徒のために一生懸命!」
塾として、生徒の成績を上げるために一生懸命取り組む、これは当然のことですよね。
Tosemiの場合、ただ成績を上げるだけにとどまりません。
塾での経験を思い出に残して欲しい。そして、社会に貢献できる人材となって欲しい。
そんな熱い思いで生徒を指導しています。ですから・・・

文化際

時には学校行事にお邪魔して、生徒の晴れ舞台を応援しに行くこともあります。
(上は文化発表会のようすです。壮観ですね!)
市総体の時は私も各会場を回り、すっかり力が入ってしまいました。

 

◆②「新しいことへの挑戦は止まらない!」

来春、Tosemiには新しい部門ができます。今までに経験したことの無い、まったくの新規事業です。
それがこちらの学童保育、その名も「Mirai Field このゆびとまれ!」です。

このゆび

すでに大きくなりつつある早期英語教育の波、
そして、確実に訪れる教育改革の風、
教育に携わる企業として、我々もただ流されるわけには行きません。
逆に、その波と風に向かっていき、逆に次なるステージへの推進力としていく。
それが、私たち熱き情熱コーポレーション Tosemi のあり方です。

 

◆③「感謝の気持ちを忘れない!」

熱き情熱コーポレーション Tosemi 最大の社内イベント、
その名も、『AJD(熱き情熱ダンケシェン)』!!
全社員・トレーナー(アルバイトの先生方)が集まり、
研修および、表彰パーティーを行う大イベントです!

AJD

学習塾として、生徒や保護者の皆様に感謝の気持ちを持って職務を行なうのは当然ですが、
日頃指導に勤めてくれているトレーナーの皆様を感謝の気持ちでもてなし、
私たちと気持ちをひとつにして指導に邁進する。
そのために、代表取締役である阿部賢悟先生の掛け声のもとで行なっています。
私も今年度は新入社員として出し物などで加わりましたが、
来年度はさらに盛り上がるものにしていきたいです。
いかがでしたでしょうか?
熱き情熱コーポレーション Tosemi が学習塾の範疇を超えた学習塾を目指し、
社会に貢献する企業を目指す姿勢をご理解頂けましたでしょうか?
以上、生徒へも社員へも、そして、社会にも熱い厚い企業!
熱き情熱コーポレーション Tosemi の風土紹介でした。