社員の声 三浦千春
社員の声

この会社は自分の力が発揮できる場面を与えてくれた。

Q

入社したきっかけは何ですか?

前職も塾講師の仕事をしていたのですが、働いていた塾が閉まることになってしました。そんな時に、熱き情熱コーポレーションで働いている知人から「熱き情熱コーポレーションならクラス指導の仕事が引き続き出来るよ」と声を掛けてもらったことがきっかけでした。

社員の声 三浦千春
社員の声 三浦千春

Q

入社後に感じた職場の印象は
どうでしたでしょうか?

自分のやりたいことが実現出来る会社という印象を受けました。例えば、小テストは同じプリントをずっと繰り返し使っていたのですが、同じ内容だと生徒は答えを覚えちゃいますよね?なので、その答えを覚えられないように問題がランダムで出題されるようなプログラムをエクセルで組んだことがありました。それが採用され、今でもずっとそのプログラムを使い続けてもらっています。

社員の声 三浦千春
社員の声 三浦千春

Q

今のお仕事のやりがいは何ですか?

社会に出た時に、人の役に立てる大人を育てることです。そのために厳しく教育をする事を心がけています。例えば、忙しくて勉強ができなかったという子に対して、忙しかったことを朝から晩まで言わせます。そうすると大体は忙しくなかったことに気づくんですね。そうやって子どもたちの言い訳を一蹴せずにずっと聞き続けてあげて自分に言い訳の余地がないことを子どもたちが納得するまで話させます。決して頭ごなしに叱ったりはしません。必ず一度は言い訳を聞くようにしています。考えを押し付けたりせずに、子どもたちが自分たちで納得することがとても大事なのです。その代わり、出来た時はめちゃくちゃ褒めてあげます。行動を褒めてあげることでやる気が湧いてきて次の勉強に繋がるのですね。そういう風に子どもたちと向き合い、自分で考え自分で行動出来る人になって欲しいと思っています。

社員の声 三浦千春

社員の声 三浦千春

Q

仕事中にあった印象的な
エピソードを教えて下さい。

確か2 年目の頃だったと思うのですが、算数も20 点程しか取れない勉強がとても苦手な子がいました。ある時、そのお母さんに全然成績が上がらないじゃないかと怒られたことがあったのですね。そこから受験までの間、つきっきりで厳しく指導をしました。その子も一生懸命食らいついてきてくれました。最終的に目標としていた中学校に合格することが出来たのです。そして、厳しい勉強に慣れたその子は、その中学校でグングンと成績を伸ばして学年2 位になれました。その時、その子が「三浦先生との塾での勉強が厳しかったから学校の勉強が楽に感じられるようになったんだよ」と言ってくれたことがとても印象的でした。土台さえ出来ればいつか必ず花を咲かせられるということを体現出来たのです。それ以来、私は子どもたちに対して厳しく接しています。

社員の声 三浦千春
社員の声 三浦千春

Q

熱き情熱コーポレーションに入社して
よかったと思うことはありますか?

中学受験のクラスをこの塾に入って初めて持ったのですが、子どもたちの成長をこんなに感じられる仕事はないと感じました。自分の全てをかけて子どもたちのために何かをすることの出来る仕事に就けて本当に良かったと思っています。

社員の声 三浦千春

Q

今まで仕事をしてきた中で
辛かったことはありましたか?

初めて生徒の受験を落としてしまった事です。1 年目だったのですが、本当に辛くて泣きながらお母さんに電話をしました。

Q

今、一番楽しいことは何ですか?

授業をやっていて子どもたちが「分かった!」と言ってくれた瞬間が楽しいです。

社員の声 三浦千春

Q

これから入社を希望される方に
一言メッセージをお願いします。

熱き情熱コーポレーションは子どもと一緒に成長できて、自分の力を発揮することが出来ます。だから自分の力を試したい、子どもたちと一緒に頑張りたいという方にはとても良い会社だと思います。

社員の声 三浦千春

Q

1 日のタイムスケジュールを
教えて下さい。

13 時から会議・研修、15 時から保護者面談・授業の準備・教材作成、15 時30 分から授業、22 時に終業となります。

社員の声 三浦千春
社員の声 三浦千春

Q

熱き情熱コーポレーションを一言で表すと何ですか?

「喜びがあるから人生をかけられる!」
自分が頑張れば頑張るだけ成果が子どもたちに表れるので、目に見えて喜びを実感できています。私が頑張った分だけ子どもたちが頑張る子になるのなら、それが世の中に役立つ人を育てること に繋がると思っています。

社員の声 三浦千春
社員の声 三浦千春

その他の社員インタビュー