お知らせ

大学生必見!社会で役立つ塾講師アルバイトで得られるスキルとは


Male teacher is teaching a group of teenagers in a high school lesson.

大学生になって塾講師のアルバイトを始める人はたくさんいます。塾の講師にはさまざまなスキルが求められるので、学生の間に経験しておくと、社会人になってからよいことがたくさんあります。塾講師アルバイトで身につくスキルをまとめてみましょう。

スキルその1:コミュニケーション力

塾講師のアルバイトでは、たくさんの生徒を相手に授業を行います。授業をうまく進めるためには、一人ひとりの生徒と話をして、上手にコミュニケーションを取りながら行わなくてはなりません。生徒の理解を確かめながら授業の進度を調整したり、生徒のレベルややる気に合わせて宿題を出したり、密にコミュニケーションを取ることで、生徒のモチベーションを高め、成績をあげて行くのが仕事です。また、他の教科を担当している先生とも連携し、生徒の情報を共有することも必要になります。

ですから、大学生のときに塾講師のアルバイトをしておくと、幅広いコミュニケーション力が身につきます。コミュニケーション力は多くの人と接し、場数を多く踏むことで強化できる能力ですが、親しい仲間に囲まれた学生生活では、なかなか育てることができません。

学生のうちに塾のバイトを経験してコミュニケーション力を身につけておけば、社会人になったときに、上司や部下、同僚など多くの人と一緒に仕事をする現場で、周りの人とうまく付き合っていくことができるようになるでしょう。

スキルその2:スケジュール管理力

Calender Planner Organization Management Remind Concept

塾講師のアルバイトでは、期日が決まっているテストや受験などに合わせて、日々の学習計画を立てていかなくてはなりません。直近一学期分のスケジュールを立てることもあれば、一年後の受験に合わせて年間スケジュールを立てる場合もあります。

ですから、大学生のときに塾講師のアルバイトをしておくと、スケジュール管理力が身につきます。自由な学生生活の中ではあまり身につかないかもしれませんが、いったん社会に出れば、どんな仕事でも必ず必要になる重要な能力です。この力があるのとないのとでは、仕事の成果に大きな差がつきます。

学生のうちに塾のバイトを経験してスケジュール管理力を身につけておけば、社会人になったときに、納期がある仕事でもしっかりスケジュールを立て、よい仕事を完成させることができるようになるでしょう。

スキルその3:人に分かりやすく伝える表現力

Businesswoman giving a presentation in an office

塾講師のアルバイトでは、小学生や中学生、高校生を相手に授業することになります。生徒の年齢が低ければ低いほど、語彙も少なく理解力も低いので、分かりやすい言葉で丁寧に説明をしなければなりません。また、自分の得意科目を教えるのが一般的ですが、生徒はその科目が苦手だから塾に通っています。ですから、苦手な人の立場に立って、できないことを理解し、相手が分かるように教えてあげなければなりません。

ですから、大学生のときに塾講師のアルバイトを経験することで、相手の立場に立って人に物事を分かりやすく伝える能力が身につきます。これも、数を経験し、試行錯誤しながら徐々に身につくものですが、ゼミの研究発表だけでは経験として不十分です。

社会人になると、プレゼンテーションや会議など、自分の考えや意見を人に分かりやすく伝えなければならない場面がたくさん出てきます。学生のうちに塾のバイトを経験して人に分かりやすく伝える表現力を身につけておけば、社会人になったときに、大きく役に立つことでしょう。

まとめ

塾講師のアルバイトは、学生バイトとはいえ、社会に出てから必要不可欠なスキルが求められます。大変なこともあるかもしれませんが、学生のうちに経験して身につけておけば、大学を卒業して社会に出たとき、「ああ、あのとき塾でがんばっておいてよかった!」ときっと思うはずです。