お知らせ

熱き情熱コーポレーション新卒社員インタビュー Vol.6


熱き情熱コーポレーション新卒社員インタビュー Vol.6

 

就職活動中のみなさん、熱き情熱コーポレーションに入社後、

どんなことをすると思いますか?社員の先生方にいろいろ聞いてみました!

今回は新卒社員インタビュー続編!

入社2年目になったクラス指導担当の鈴木美穂先生です。

 

 

「1年目の頃とは違うなぁ」と感じるところは?

1

 

1年目は先輩社員の教えのもと、少しずつできる仕事を増やしていきました。

与えられた仕事1つ1つを覚えるのに必死だったと思います。

2年目に入ってからは、1年目のうちにできるようになった仕事がある分、

教室全体を見渡して自分ができそうなことを探して実行する余裕ができました。

1年目は仕事を覚える楽しさを感じていましたが、2年目になった今は充実した忙しさを感じています!

 

 

2年目になって努力していることは?

2

 

2つあります。

まず1つ目は、忙しい中ですが授業の準備は絶対に手を抜かないことです。

授業の準備が不十分になってしまうと授業自体もだらけて締まりがなくなってしまいます。

楽しい授業を作るのはもちろんですが、演習の時間を確保できる展開にすること、

授業の内容がしっかり伝わるよう、分かりやすい板書を考え覚えておくことに気をつけています。

2つ目は自分の力を高めることです。

私の専門は英語で、英語の力を高めるように努力しています。

近年、英語教育熱はどんどん高まってきており、Tosemiでも英語教育の発展に力を入れ始めました。

私は毎週、ネイティブの先生とオールイングリッシュでTOEIC対策をする研修に取り組んでおり、

9月に実際にTOEICのテストを受験しました!結果発表までドキドキです。(笑)

2年目になって心の余裕が出てきた分、自分のために使える時間も増えてきました。

塾講師という職業は時期によって働き方が変わるので、どうしても生活が不規則になってきます。

しかし、逆に不規則だからこそ大きな連休などを使って自分の英語力を高める勉強をしています。

自分が実際に勉強すると、どういう勉強の仕方が効果的なのか分かりやすいですね。

 

 

最後に一言お願いします!

3

 

1年目と変わらないのは、「生徒たちとの授業が楽しくやりがいがある」ということです!

塾ですからもちろん勉強メインです。

勉強に身が入っていないと叱ることもしばしばですが、素直で努力家の生徒が多いTosemi。

授業中の生徒たちとの掛け合いはとても楽しいです。

また、テストや模試でよい結果を残したときは

私も自分のことのように嬉しく感じ、やりがいを感じます。

この会社を選んでよかったと思っています!

 

ありがとうございました!

Tosemiは、「教育の仕事に就きたい」と考えている方には

とても良い環境の会社だと思います。

新卒社員をたくさん募集していますので、ぜひエントリーしてください!