お知らせ

とある塾講師の一日(速書トレーナー編)


とある塾講師の一日(速書トレーナー編)

こんにちは。大分の学習塾、きらめきっず速学くらぶです。

きらめきっずでは、速書・そろばん・レプトン・玉井式国語的算数教室など様々な講座を開講しています。

皆さんも、小さい頃に書き方教室やそろばん教室に、通われていたことがあるのではないでしょうか。

今回は、このきらめきっずの講座の中から、速書のトレーナーさんのお仕事をご紹介します。

 

教室に入ります!

きらめきっずの授業はどの教室でも大体15:00ごろから始まります。

この日の授業は全部で

1限目 15:30~

2限目 16:30~

3限目 17:30~

4限目 18:30~

の4時間ありました。

トレーナーさんは、自分が入るコマの5分前には教室に入ります。

 

 

授業準備をします!

1

 

授業が始まる前に、授業で使うものの準備をします。

テキスト、鉛筆、フェルトペンなどが、十分にあるかのチェックをし、在庫がなければ専任講師に報告をします。

物によっては減りが早いので、定期的なチェックが欠かせません。

 

2

 

また、速書では毎月『月刊 書写書道』という冊子を生徒に配ります。

この冊子に優秀者として載った生徒には賞状が届きますので、名前を書いて、渡してあげます。

普段見ている生徒の名前をこの賞状に書けるのは、とても嬉しいです!

 

 

授業開始です!

授業が始まったら、まずは生徒が全員来ているかの確認をします。

たまに授業が始まっていることに気づかず、

教室の外で本を読みふけっている生徒がいることもあるので、教室の外も確認します。

 

速書は毎回宿題が出ますので、授業内で宿題をチェックして、

もっときれいに書くためのアドバイスを書いてあげます。一生懸命宿題をしてくる生徒は上達が早いです!

そしてこの日は、文字を書く早さを鍛えるスピード練習の日でした。

3

 

 

5つの文字をどれだけ早く書けるかを鍛える練習ですが、

もちろんきれいに書けていなければ先生から修正が入ります。

今回この生徒は私が向けたカメラに緊張してしまったので、

いつもより修正が多くなってしまいました・・・。ごめんね!

 

 お疲れ様でした!

授業が全て終わると、生徒たちが帰るのを待ってから掃除をします。

きらめきっずでは、しつけの一環として、けしごむのけしかすや、

紙の切れ端などのごみが出たときには、生徒自身で片付けをしてもらっています。

自分のことが自分でできる子になってほしい、との思いからです。

しかし、授業に集中し、一生懸命文字を書いていると、

手や机が鉛筆で真っ黒になったり、けしかすが机の周りに散ったりしてしまいます。

次の授業の生徒に気持ちよく教室を使ってもらうためにも、生徒が帰ったあとの掃除は欠かせません。

4

Tosemiでは、新しいトレーナーさんを募集しています。

ここまで読んでいただいた皆さん、私たちと一緒にTosemiで働いてみませんか。