お知らせ

どうしてこんなに熱いのか!? 熱血講師紹介に見る情報満点、厳しさ満点の先生たち vol.8


どうしてこんなに熱いのか!?熱血講師紹介に見る情報満点、厳しさ満点の先生たち vol.8

 

Tosemiの講師は日々、生徒に対し溢れ出るほどの愛情をもって熱血指導をしています。

「楽しくておもしろい」「わかりやすい」授業をする一方、全力で叱ることもしばしばです。

講師陣はどのようなことを大切にして指導にあたっているのでしょうか。

今回は宮崎の塾で個別指導をしている、

青葉町教室・大塚教室の染矢先生にインタビューをしてみました。

 

日頃の授業で心がけていることは何でしょうか?

1

 

必ず、宿題ができるようにして家に帰ってもらうように意識しています。

個別指導Passionでは必ず習った内容の宿題がでます。

個別指導は特にさまざまな状況の生徒が来ます。

 

授業はもちろんですが、家に帰って宿題をするときに苦しみながら問題を解くのではなく、

習った内容をうまく使い『簡単なんだ。できた!』という風に思いながら解いてもらいたいですね。

そのために授業では宿題を意識して進めるようにしています。

 

それが最終的には学校の授業も分かるようになり、

楽しく勉強ができるようになる。それが一番だと考えています。

定期的に開催している説明会でもその部分を理解してもらえるように話をしています。

 

2

 

 

また、教室全体を見ていくときには、

生徒にとって教室が居心地の空間と感じてもらえるように心がけています。

個別指導ですが、一人で勉強するのではなく生徒自身が自分から勉強しに行きたいと

思えるような教室全体で生徒を包み込むような教室にしたいですね。

 

では、どのような生徒を育てていきたいですか?

粘り強い生徒になってほしいですね。社会に出ればさまざまなことが彼らを待っています。

彼らにとって厳しいことも多くあると思います。そんなときに忍耐強く頑張ってほしいです。

多くの場面で結果を求められて苦しむ場面もあると思います。

そんなときにこれまでのことを糧に頑張りぬける生徒になってほしいですね。

 

今までに印象に残っている生徒はいますか?

青葉町教室・大塚教室ともに今年開校した教室ですので

全員にうまくいってほしいと考えています。

今までの指導の中で印象に残っている生徒は以前いた教室の生徒ですが、

小学6年生の頃から高校まで通ってくれていた男の子ですかね?

始めは私に対して緊張している様子もありましたが、

徐々に慣れてくれて、意欲的に教室に通ってくれていました。

途中反抗期になり、勉強がうまくいかないときもあり檄を飛ばし、

活をいれ、ぶつかり合うときも有りましたが、最終的には彼自身が非常に頑張ってくれました。

今ではいい笑い話になっています。そんな彼も今年、大学への進学を決めて卒業していきます。

私自身、大分から離れ最後まで見ることが出来なかったのが心残りでしたが、

大学進学が決まったときは連絡をくれて一緒に喜びました。5年近くを彼と過ごしました。

彼は大学合格が決まったときに感謝の言葉をくれましたが、私も彼には感謝しています。

非常にいい時間を共有できました。

今後も多くの生徒と時間を共有していきたいですね。

彼以外にも多くの生徒の頑張りを見てきました。

すべての生徒がとてもよい思い出です。

 

 

最後にこれから受験に向かう生徒さんに一言お願いします。

なんでもそうですが、一つ一つは積み重ねです。

当たり前のことをこつこつと積み重ねていくことが一番の近道は言うまでもありません。

これからきついこともあると思いますが、

東セミの先生たちはどんなことも受け止めてくれる先生たちばかりです。

全力で背中を押していきますので、自信を持って歩いていってください!